*

映像制作会社が打ち合わせ使う用語

映像制作会社が打ち合わせや見積もりで使う用語を集めました

映像制作用語一覧

動く被写体を画面から出ないように撮影する方法。
*

俯瞰

(ふかん )
高い位置から見下ろすカメラアングル。
反対語:あおり
人物や建物の全体を収めるサイズ。
クロマキー合成を行なうために、被写体の後ろに張る青い幕。
類語:ブルーマット
DVDを原盤(スタンパー)から大量のコピーを作ること。
DVDプレスとも。
試写のこと。
アドビシステムズ株式会社が販売している動画編集ソフト。
プロ用の動画編集における業界標準のソフト。
被写体が画面から出ていくこと。
画面に被写体が入って来ること。
ポストプロダクションの略
映像制作における撮影後の作業の総称。
映像編集、BGMや効果音など音楽の編集、ナレーション収録など。
映像と音声の編集が全て完了し、完成した原盤。
マザーテープとも
同義語:完パケマスター
映像と音声の編集が全て完了し、完成した原盤。
同義語:完パケマザー
映像編集で、静止画やテキストに動きをつけること。
複数の異なるカットを組み合わせて、新たな意味を生み出す技法。
サイト名「もんたじゅ」の語源。
撮影で収録した編集前の映像素材。
*

リニア編集

(りにあへんしゅう )
映像をテープにダビングしながら編集する方法。
反対語:ノンリニア編集
SD(4:3)の画面にHD(16:9)などの横長の映像を収めた状態。
画面の上下に黒味がついている映像。
編集後のデータを映像ファイルとして書き出すこと。
ロケーションハンティングの略称。
撮影に適した場所を探すこと。または、撮影予定地の下見を行うこと。
画面が切り替わるときのエフェクト。
前の画面を拭うようにして次の画面が現れる技法。
ブラックバーストの略語。
真っ黒な画面のこと。
CMやインサートなど、後ほど差し替える箇所に仮の映像として使う。
黒味(くろみ)とも。
Computer Graphics の略。
コンピュータで作成された画像。
Electronic News Gatheringの略。
ハンディ型ビデオカメラによるロケのこと。
High Definition(高解像度映像)の略。
垂直解像度720本以上の高精細な映像のこと。アスペクト比は16:9。
従来の映像の画質は「SD画質」と呼ぶ。
Multi Audioの略。
映像にBGMやナレーション、効果音などの音をつける作業のこと。
オーバーラップ(overlap)の略。
映像効果の一つ。前の絵が徐々に薄くなり、次の絵が重なりながら徐々に濃くなる編集技術。
ディゾルブともいう。
Standard Definition(標準画質映像)の略称。
解像度規格の一つ。これまで標準だった4対3の規格。
関連語:HD
Sound Effectの略。効果音。

▲ページ上部へ戻る