*

小説「紅紫の館(こうしのやかた)」 プロモーション



小説「紅紫の館(こうしのやかた)」プロモーションを制作いたしました。

北辰一刀流 免許皆伝の日比谷健次郎を主人公に激動の幕末を描く迫真の歴史小説。
幕府特命「内密御用家」の日比谷家は戊辰戦争
で徳川埋蔵金に関わる。
上野戦争で救出した輪王寺宮は東部天皇として元
号「延壽(えんじゅ)」を発布。
さらに、幕末最高傑作として、名高いひな人形がたどる謎の運命とは?
武蔵国足立の剣豪、郷士、日比谷健次郎の幕末 小説「紅
紫の館(こうしのやかた)」

足立区立郷土博物館
文化遺産調査特別展「名家のかがやき ―近郊郷士の美と文芸―」
2020年11月29日(日曜日)から2021年2月23日(祝日・火曜日)まで開催