*

式典撮影に実績がある動画制作会社一覧

式典動画撮影に実績がある映像業者を集めました。セレモニーや社内表彰式など式典動画撮影の外注におすすめです。パーティーや記念式典、祝賀会のビデオ撮影だけでなく、ムービー編集やDVDでの納品にも対応いたします。式典撮影の依頼は動画制作会社から見積もりを取り寄せ料金を比較し発注しましょう。

おすすめ 一覧

式典撮影 の映像制作に実績がある外注業者

検索結果 11 社

▲ページ上部へ戻る

動画制作が初めての方へ 業者を比較

式典動画撮影とは

式パーティ(会社の周年記念・受賞記念・出版記念・レセプション・祝賀会)、企業の表彰式の様子を撮影、編集作業を実施し納品いたします。 パーティーの主催者や企業の総務部からの依頼が一般的です。 動画は記録・保存を目的とし、ダイジェスト映像をホームページやFacebookに新着情報として掲載することもあります。 式典を当日だけのイベントとせず動画に残すことで半永久的に記録・保存できる。

式典ビデオ撮影の主な内容

主催者の挨拶や式典の模様を収録するだけなく、出席者や来賓のインタビューを加えるのが一般的です。主賓、来賓や代表取締役の挨拶を収録。 会場の雑観 パーティーの出席者から主賓へのメッセージや表彰を受けた社員の喜びの声などを収録します。 ダイジェスト版はナレーションを使うこともあります。 またインタビュアーにプロのレポーターを使用することも。

式典映像撮影を外注するメリット

長期間保存できるだけでなく、パーティーに参加できなかった人にも当日の様子を伝えることができます。パーティーの主催者や企業の総務部からの依頼が一般的です。 動画は記録・保存を目的とし、ダイジェスト映像をホームページやFacebookに新着情報として掲載することもあります。 式典を当日だけのイベントとせず動画に残すことで半永久的に記録・保存できる。

式典ムービー撮影の活用場面

完成品はダイジェスト版をYoutubeにアップしたり、DVDにコピーして後日関係者へ配布したりします。式典の様子を開始から終わりまで全て撮影し、カメラマンの移動時のような不要な部分のみ大まかにカットするカット編集と呼ばれる編集作業を安価に仕上げるのが一般的です。 テロップも人の名前を表示する程度の必要最低限で作業をできるだけ少なくする。 ダイジェスト版のように決められた時間に収まる動画を依頼すると、映像の流れが自然になるよう組み立て、かつ決められた時間に収まるよう調整する構成作業が必要となるため編集作業にカット編集に比べ時間と手間が掛かるので作業料金が高くなってしまいます。

式典動画撮影の料金相場

料金は15万円~が目安となりますがDVDで配布する場合は別途費用が必要となります。制作会社によっては撮影が半日と1日で料金が変わる場合もある

式典撮影の注意事項

ホテルを会場とする場合は、撮影許可が必要な場合もある 撮影クルーが当日会場にスムーズに入れるよう主催者に入場や入管の許可を事前に手配し、関係各所にも告知しておく。 パーティーの場合は、主催者がインタビューの収録を要望する来賓を制作会社事前に伝えておき、収録漏れがないようにしておく。逆に撮影がNGの来賓を伝えておき収録が実施されないよう注意する。 参加者の中にはインタビューだけでなく自身の姿が映った動画がHPやSNSへ掲載されると不都合がある場合もあるので、対象者を事前に伝え、編集作業時に映りこまないようカットしたり、ボカシを入れる等配慮する必要があります。仮納品の段階で該当者が映っていないかチェックが必要です。 ドレスコード

式典VTR撮影の納期の目安

納期は撮影から1週間程度で納品となります。

主な対応地域

関東 関西 東京 大阪

主な対応サービス

動画制作 映像製作 ビデオ撮影 DVD作成 ムービー編集