研修ビデオを制作する7つのメリット|動画制作が初めての方へ

映像制作会社のポータルサイトもんたじゅ
*

研修ビデオを制作する7つのメリット

研修を担当する社員の負担が減る

研修ビデオを活用すると研修を担当する社員の負担が減ります。
講師担当の社員が、研修の度に同じ説明を何度も繰り返す必要がなくなるからです。
時期を問わず社員を採用する企業や短期間で大量にアルバイトを雇用する業種では、新しい人材が加わる度に同じ内容の研修がその都度実施されます。
また既存の社員が対象であっても、同じ研修を複数回開催せざるを得ないケースがあります。
研修ビデオは座学を映像が代行してくれるので、講師担当の主な作業は動画の準備だけになります。
担当社員は何度も同じ説明を繰り返す手間から解放されます。

社員の生産性が上がる

研修ビデオを活用すると社員の生産性が上がります。
研修担当の社員が研修に手を取られず、通常業務に専念できるからです。
担当者が研修に手を取られると通常業務の進捗に支障をきたしてしまいます。
研修ビデオなら受講者が動画を視聴している間、研修担当者は通常業務に専念できるので社員の生産性が落ちるのを防ぎます。

人件費が下がる

研修ビデオを活用すると会社の人件費が下がります。
社内研修の実施による余分なコストが発生しないからです。
研修により通常業務が遅れてしまうと、それをカバーするため研修担当者や他の社員が残業や休日出勤を行ってしまいます。
そのため、会社は残業代や休日出勤手当など人件費の負担が大きくなってしまいます。
研修ビデオで社員の生産性が上がると会社のコストが下がります。

受講者の理解度にバラつきが出ない

研修ビデオを活用すると受講者の理解度にバラつきが出なくなります。
研修の品質が一定するからです。
複数の店舗や事業所を持つ企業では研修を現地で実施します。
そうすると、研修担当者により研修内容の質にバラつきが出てしまいます。
その結果、地域や場所により受講者の理解度に差が出てしまいます。
研修ビデオは内容が同じであるため品質が一定します。

時間と場所の制約に囚われず受講できる

研修ビデオを活用すると時間と場所の制約に囚われず研修を受講することができます。
DVDで複製する・社内のイントラネットにアップすることで、担当講師や受講者が研修のために移動する必要がないからです。
また受講者の都合に合わせて好きな時間に研修が受講できます。
受講者と講師の都合による時間と場所の制約を受けなくなります。

受講者の理解度が進む

研修ビデオを活用すると研修を受講する社員の理解度が進みます。
動画は情報量が多く視覚で理解できるからです。
口頭やテキストでは分かりにくい内容でも映像なら簡単に理解できます。
また、受講者同士が共通のイメージを持つので理解度にバラつきが出るのを防ぎます。

コストパフォーマンスに優れる

研修ビデオはコストパフォーマンスに優れます。
1度作成すると繰り返し使用できるので長い期間で活用できるからです。
使えば使うほど研修1回あたりのコストが下がることになります。
また複製が容易なので、チェーン店など多くの店舗を抱える企業では1店舗あたりの研修費用を大きく下げることができます。

同じカテゴリーの記事