外注先へ映像制作を依頼・発注するメリット|動画制作が初めての方へ

映像制作会社のポータルサイトもんたじゅ
*

外注先へ映像制作を依頼・発注するメリット

スマートフォンやYouTube等の動画配信サイトの出現によって、動画は一般にも身近なものとなりました。視聴だけに限らず、誰もが安価に映像を制作・公開できる環境が整っています。企業においても、プロモーションやPRを目的として動画を制作し、顧客に配信するケースが増えているようです。しかし映像は、ただ配信すれば良いというものではありません。製品等のイメージを反映させるものですから、やはりクオリティへも配慮が必要と言えるでしょう。

映像制作を依頼する

映像を用いれば、視覚・聴覚の双方から視聴者へ情報を伝えることができます。しかし、動画のクオリティが低いと、安っぽいなどマイナスな印象を持たれかねません。そうなれば、製品の購買意欲は下がってしまうでしょう。これでは本末転倒です。映像制作会社には、実に多くの制作依頼が持ち込まれています。映像によるプロモーションに積極的な企業ほど、制作についてはプロへ依頼する傾向があるようです。製品イメージを印象付ける動画ですから、自作ではなく制作会社への依頼も検討してみると良いでしょう。

映像制作の外注

映像制作会社へ外注するメリットは、やはりクオリティにあるでしょう。素人の制作動画と比べれば、その違いは一目瞭然です。また、プロの視点から映像についてアドバイスも受けられます。例えば事前にある程度のコンセプトを持っていたとして、それはあくまで企業としての視点です。映像という観点から見れば、改善すべきポイントがあるかもしれません。「せっかく映像化するなら、ここを押し出した方が良い」「この製品は見せ方を変えてみよう」など、外注すればより製品等の魅力が視聴者へ伝わるよう、アドバイスが得られます。特に初めて動画制作に取り組むという場合であれば、外注先の制作会社は非常に心強い支えとなるでしょう。

映像制作の発注方法

映像制作会社へ発注する際には、まず対象となる製品やサービスはもちろん、自社として打ち出したいコンセプトも固めておきましょう。もしキャストを用意する場合には、あらかじめ仮手配しておくと安心です。企業によって発注時にイメージラフなどを用意していることもありますが、必ずしも必要ではありません。映像制作会社側がしっかり要望をヒアリングしてくれるため、一緒に話し合いながら制作を進めていくことができます。

まとめ

もちろん、映像制作会社への依頼にはお金がかかります。しかし動画は長く利用できるものですし、ホームページはもちろん、ソーシャルメディアなどをはじめ多用できるものです。クオリティの低い動画を自作すれば、何度も作り直すことになるでしょう。不慣れな人ならば、制作には多くの時間を要します。そのため長期的に見れば、映像制作会社へ発注した方がお得と言えるのです。大切な動画だからこそ、映像制作会社への依頼をおすすめします。

同じカテゴリーの記事