*

動画制作料金として覚えておきたい費用相場

映像制作会社へ依頼を行う場合、やはり気になるのがコストでしょう。映像制作は固定した品物ではないため、依頼内容によって料金も大きく異なってきます。もちろん、制作会社に見積もりを依頼することは可能です。しかし事前に目安が算出できていれば、制作もスムーズに進められます。そのため、制作料金について詳しく解説しましょう。「何分程度の動画なのか」「どのような用途で利用するのか」が分かっていれば、ある程度の費用感は分かるはずです。

動画制作料金はどうやって決まるのか

映像制作にかかる料金は、依頼内容によって大きく異なります。その範囲は15万円程度から100万円を超えるものまで、実に幅広くなっているのです。では、なぜそこまで差が生じるのか。まず挙げられるのが、映像の長さでしょう。時間が長いほど制作には多くの時間を要します。また、それに付随して、撮影や編集にどれだけの日数が必要かも、料金を決定付けるポイントです。当然ながら、多くの日数をかけるほど料金は高くなってしまいます。

オプションによって費用が変わる

たとえ同じ長さの映像制作でも、費用が異なる場合があります。次のようなオプションが必要な場合には、費用を別途見積もっておくことが大切です。
・ナレーションを入れる ・出演者を手配する必要がある など
社員等で対応することもできますが、やはり「話し方」「演じ方」はプロに劣るでしょう。より高いクオリティを求めこうしたオプションを付加すれば、それだけ費用が上がってきます。

相場の目安

最後に、実際の制作相場をご覧いただきます。あくまで目安ではありますが、相場観がなければ予算を組むこともできません。以下、ケース別の相場をご覧ください。
・PV撮影 撮影半日+簡易編集:約10万円~ ・PR動画制作 企画+編集1日 ※撮影なし :約15万円~ ・プロモーションビデオ制作 企画+撮影1日+編集(完成品5分):約25万円~
<オプション作業の相場>
・ナレーション収録:約5万円~ ・台本作成:約5万円~ ・出演者手配:約5万円~ ・撮影スタジオ手配:約5万円~
※金額はあくまでも参考価格です。実際の制作費は撮影日数・完成品の長さ・納品媒体などの作業内容や受注会社により料金が変動致します。

動画制作料金の相場

作業内容料金・費用
撮影半日 + 簡易編集10万円~
企画構成 + 編集 ※撮影なし15万円~
企画構成 + 撮影1日 + 編集25万円~
企画構成 + 撮影1日 + 編集 + ナレーション収録30万円~

まとめ

このように、映像制作費はその依頼内容によって全く異なってきます。あらかじめ映像のイメージを固めることも大切ですが、同時に予算についてもある程度決めておくと良いでしょう。これまでの内容を踏まえれば、大体の料金予測は立てられるはずです。予算が決まっていれば、制作会社側から「この予算なら何ができるか」を提案してもらえます。イメージと予算とに乖離があれば、再度検討する必要が生じるでしょう。