*

DVD制作の流れ

実際の制作の流れは?

DVD制作の流れはどのようなものでしょうか。プロに任せてしまうとしても、手順を知っておくことは重要です。
今回はそのDVD制作の手順をご説明します。

お打ち合わせ

見積もりを終えて契約を済ませたらお打ち合わせにはいります。
ここでお客様の要望を出し切り、双方で納得行くまで話し合いします。
思う存分アイデアをだして、専門家の意見を聞いてください。
ここでアドバイスしてもらって、納得のいくまで構成を練りましょう。

台本作成

プロに任せて台本を練ってもらいましょう。DVD制作の構成も考えてもらえます。
簡単なストーリーを作って、表現したい映像を言葉で表します。
出来上がった台本を元に話し合うことも可能です。納得いくまで話し合いましょう。

撮影

実際の撮影にかかります。台本の長さによっては数日かかることもあります。
現場に行って見学してもいいですし、プロに任せても大丈夫です。
機材等は発注先がすべて準備してくれます。プロの技術が必要です。

編集

撮影した映像を、DVDで見られるように編集します。ここでもプロの技術が必要となります。編集はPCを使って行います。

仮納品(試写)

さてここでいったん出来上がった動画をお客様に仮納品します。
意識の差がないか、大きく方向性が間違っていないかを確認します。
ここでしっかりと納品物を確認しましょう。そして遠慮なく意見を言ってください。

修正作業

お客様からのフィードバックを受けて、よりよい作品に仕上がるように修正を行います。ここで時間をかけて納得いくまで対応することで、完成のクオリティが変わってきます。修正には根気良く話し合って納得いくまで作品を仕上げてください。

ナレーション収録

完成した映像に対してつけるナレーションを収録します。スタジオ等は制作会社が用意します。台本に従ってナレーションを収録します。

MA

映像に適した音楽の編集を行います。流したい音楽などを事前に決めておいて、ここで映像の上から音楽を流します。
オリジナルの音楽を使う場合はここで音楽を録音して映像にかぶせます。

同じカテゴリーの記事