DVDの特徴|動画制作が初めての方へ

動画制作会社のポータルサイトもんたじゅ
*

DVDの特徴

映像を気軽に配布することができます

たとえば商談の際に、紙では伝えられなかった製品の魅力を、映像で一一気に伝えることができます。それほど場所は取りませんので気軽に渡すことができますし、的確な表現が可能です。映像DVD制作は営業のツールになりますし、販売促進にもなりえます。
動画のマーケティングにはまだまだ可能性があり、これからもっと伸びていくポテンシャルのある分野です。
紙媒体が廃れてきた今、動画によるマーケティングは次世代のマーケティングツールとなりえるでしょう。

さまざまな用途が可能

動画の可能性は非常に広く、ポテンシャルを秘めています。
動画DVD制作を行ってクライアントに配布して営業ツールにしたり、セミナー参加者に配布して商品加入を促進したり、書籍雑誌に付録としてつけたり、DVDそのものを商品として販売することもできます。
紙の媒体よりもはるかにポテンシャルがあり、さまざまな可能性を秘めているのが動画をDVDにしたものです。

伝えたいことを的確に伝えられる

紙や文章のコピーと違って、動画によるメッセージは、伝えたいことを全身で伝えることができます。感覚に訴えることができるメッセージを、伝えたい人に幅広く伝えていくことができます。これは動画による強みです。
DVDは容量が大きく、長編の動画も作成できます。それによって膨大なメッセージを伝えることが可能になるのです。
表現の幅も広く、さまざまな表現が可能になります。

美しい映像と品質

オンラインで配布されている動画は、どれも品質に問題があるものが多いです。
パソコンの性能がついていかないので動画のクオリティに難があるのです。
ですが動画をDVDに保存して配布すれば、美しくて高品質の動画をそのまま伝えることが可能になります。現実を凌駕するような素晴らしい映像を作成することが可能になるのです。

長期保存が可能

オンラインやHDDドライブと違って、メディアに焼き付けるタイプのDVDは、長期保存が可能になります。品質を保ったまま、何年でも何十年でも保存が可能です。しかも場所をとりません。ただし永久には保存できませんのでご注意ください。
またバックアップなども容易にできますし、コピーして再配布することも簡単にできます。これがオンラインやHDDドライブとの大きな違いでしょう。
場所も取らず本棚に入れておくこともできますし、盤面にオリジナルのデザインを施すこともできます。手元においておいていつでも再生することが可能になるのです。

同じカテゴリーの記事